より良い住宅を購入するため不動産の情報集め

住宅の違い

集合住宅の魅力について

価値感が多様化している現在、住宅を購入するときはどの住宅がいいかで随分迷うはずです。その中でも集合住宅がいいのか新築一戸建てがいいのかを迷う人は多いようです。では、集合住宅と新築一戸建ての魅力とはいったい何でしょうか。集合住宅の魅力の一つに固定資産税がかからないということです。これは土地を所有しておらず、部屋という空間を所有しているだけだからですが、新築一戸建てを購入すると数年間は固定資産税は少ないですが、基本的に毎年おおよそ10万円の出費があるのです。これを10年繰り返すと100万円の出費になります。30年繰り返すと(出費は少なくなるにせよ)車一台は購入できる計算になります。集合住宅にはこの出費がない点が大きな魅力の一つと言えます。

新築一戸建ての魅力について

では、新築一戸建て住宅の魅力とは何でしょうか。その一つに資産性があります。集合住宅に比べると土地があるからです。土地の価格は下がっているとはいえ、ここ数年で急に下落をした例はそれほどは無く、多くの場合10年前に比べてもそこまで大きく下落はしていません。そのため、住宅を売る時にも資産性がありますし、なにより自分の子供が大きくなって結婚をし家族を築く頃にはその不動産を受け渡すことができるのです。また、一戸建ては物音をそれほど気にしなくていい点です。集合住宅の場合は壁一枚を挟んで隣の家ですが、一戸建てであれば、階段の上り下りや、話し声、テレビの音、子供が騒ぐ声はそこまで気にしなくていい点でのびのびと暮らせる魅力があるのです。

家の間取り

住宅というのはパブリックゾーンとプライベートゾーンに分かれているものです。新築一戸建ての間取りを考える上で、部屋の大きさなどばかりではなく、最高や間取りプラン、また防犯性などトータルに考えていくのが大切な事です。

住宅立地の違い

自宅を賃貸として貸し出すという考え方もあります。賃貸住宅というのはマンションなどの場合、駅からの距離が近いなどのメリットがあると単身者には人気が出ます。高齢者などの場合は医療機関が近い方が良いというように、それぞれの違いがあります。

賃貸物件の良さ

賃貸物件のメリットのひとつとして、引越しの手間が掛からないという事が挙げられます。また、毎月の家賃を払う事で住めるシステムなので、ローンという大きな負債を抱える事もありません。自由な住宅スタイルが得られるのが賃貸物件です。

売却の方法

所有している不動産を売却するには、不動産業者選びも大切です。なお、直接買い手との取引きを行うと、トラブルの原因になるので、慎重に事を進めて行くことが大切であると言えます。